事務所案内

むつみ合同司法書士事務所ご案内


私たちは皆様に、“ 安心 ” をご提供致します。

“ 安心 ” の共同代表体制で、夜間・土日祝日対応も可能です(要予約)。 


 司法書士の業務は、不動産登記、商業登記、企業法務、供託手続、裁判書類作成、簡易裁判所訴訟代理、示談交渉、債務整理、相続・遺言・贈与のサポート、離婚・財産分与の手続、消費者被害の救済、成年後見、財産管理と多岐にわたります。 そして、司法書士事務所によっては、登記業務専門、企業法務専門、裁判手続専門、債務整理専門というように、いずれかの分野に特化し、特定分野においてその専門的な能力を効率的に発揮し、それぞれのニーズに応えているところもあります。

 今日、複雑な経済社会システムの下で規制緩和が進み、自己責任・事後救済型社会への潮流の中で、迅速かつ的確な意思決定をするうえで、専門家の役割は益々重要となっています。 専門特化した分野で効率的なサービスを提供することが、特定の顧客の利益に適うことになりますので、特定分野に専門特化することは望ましいことであるといえます。法律専門家以外のあらゆる分野でも専門細分化が進み、多くの一般市民の方も、専門家に対しては、まず、「先生は何が専門?」と、尋ねていることでしょう。

 しかし、当事務所では、司法書士業務を専門細分化することは、本来の司法書士の姿ではないと考えております。 私たち司法書士は、基幹業務である登記・裁判手続を通して、国民に身近な法律家を標榜し、国民の権利の保護に努めております。 登記制度は、不動産取引などの結果である様々な権利関係を第三者に正確に公示し、また、会社等の各種法人にあってはその活動の基礎となる情報を世に公示することにより、取引の安全に資しています。様々な法律行為、事実行為の結果が登記に反映されるわけですが、その手続を担う司法書士は、あらゆる関連法規、慣習に精通していなければ、真に信頼に値する登記手続を行い得ません。 不動産の権利関係や会社の状態に争いがある場合は、裁判の結果をもってようやく権利関係や状態が確定し、最終的に登記に反映されることになります。 相続問題、成年後見問題等家事手続をクリアしないと物事が進まないケースもあります。

 むつみ合同司法書士事務所では、登記・企業法務・民事訴訟のスペシャリストである職人肌の複数の司法書士が、それぞれの幅広い法律知識を活かし、冒頭に掲げた司法書士業務全てを懇切丁寧に執り行っております。 急を要する内容証明郵便発信、仮差押え申立て等にも迅速に対応し、債務名義取得後の強制執行までフルサポートさせて頂きます。 法律事案の解決を必要とされるお客様の側に寄り添い、真の解決を目指し、安心を取り戻して頂けるよう、誠心誠意、頑張らせて頂いております。

 不動産のこと、会社のこと、裁判手続のこと、財産管理の悩み事、借金のことは、まずはお気軽に当事務所にご相談下さい。 事案に即して、弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、行政書士、土地家屋調査士の各先生をご紹介することもできます。ご相談者にいちばん適切な解決方法を、ご提示致します。


 むつみ合同は、皆様に安心をご提供致します。


共同代表 司法書士 相沢 信一郎

共同代表 司法書士 中島 正敬   

共同代表 司法書士 後藤 睦      

 

事務所案内
事務所案内
事務所案内